総研いのちとくらし
ニュース | 調査・研究情報 | 出版情報 | 会員募集・会員専用ページ | サイトについて

更新情報

最終更新2016年11月07日

マーク日本医療経済学会・第40回研究大会 12月3日

当研究所理事の松田先生が会長、高山先生が副会長を務めておられる日本医療経済学会・第40回研究大会の開催をご案内いただいたのでお知らせいたします。

医療経済学会ウェブサイトはこちら(http://www.s-off.com/member/jspehhc/)

以下チラシより

日本医療経済学会・第40回学術研究大会を、以下のとおり開催します。日時・会場等ご確認の上、ご参加いただきますようご案内いたします。

  • 日時:2016年12月3日(土) 9:00開場~17:00
  • 場所:京都橘大学明優館D202教室(京都・山科区)
    最寄駅:京都市営地下鉄東西線「椥辻(なぎつじ)駅」徒歩15分、京都駅からバス26分。会場へのアクセス詳細は下記参照
    http://www.tachibana-u.ac.jp/about/campus/access.html
  • 参加費 : 会員3,000円、非会員4,000円、大学院生・学生1,000円
  • 午前:
    • 9:30~11:30 自由演題(会員の自著紹介等も検討)
    • 11:30~12:00 総会
  • 午後:13:00~16:45 教育講演「TPP協定と医療制度」/シンポジウム「地域医療構想を考える」
    • 13:00~14:00 教育講演「TPP協定と医療制度」 髙山一夫(京都橘大学教授)
      (教育講演企画主旨)国内外のTPP協定に関する動向に注目が集まっています。TPP協定と医療制度について考える教育講演を設定しました。
    • 14:10~16:45シンポジウム「地域医療構想を考える」
      • シンポジスト 二木立(日本福祉大学学長)
      • 芝田英昭(立教大学教授)
      • 新家忠文(みえ労連副議長)
      • コーディネーター・司会 長友薫輝(三重短期大学教授)
    • (シンポジウム企画主旨)「地域医療構想」はデータに基づき、各地であるべき医療を議論し形成する契機としてとらえることができます。ところが、各都道府県における「地域医療構想」の策定状況をふまえれば、実際には病床数の決定が先行するなど、医療の将来構想を地域で議論し、合意形成を図っていく状況にはまだ至っていないように見受けられます。
      「地域医療構想」策定に向けた地域の動向などをもとに、これからの医療を地域でどのようにつくっていくのか、みなさんとともに議論を進め理解を深めたいと思います。

マーク2016年度定期総会および記念シンポジウムのご案内

下記の通り定期総会と記念シンポジウムについてご案内申し上げます。なおシンポジウムは参加費無料、どなたでもご参加頂けます。

1. 日時

  • 2016年6月18日(土)
  • (1)午後1時30分~午後2時20分 定期総会
  • (2)午後2時30分~午後5時00分 記念シンポジウム
    • 「日米の医療セーフティネットを考える」
    • 内容(敬称略)
      • 報告(60分)「日米の医療セーフティネットを考える」京都橘大学教授、研究所理事 髙山一夫
      • 各論(20分)「日本における医療保障の現状」都留文科大学名誉教授、研究所副理事長 後藤道夫
      • 各論(20分)「民医連における無料低額診療の現状」全日本民主医療機関連合会事務局次長 内村幸一
      • コメント、参加者間での議論、会場との質疑応答(30分)

2. 場所: 明治大学 研究棟4階 第2会議室(東京・神田駿河台)

(リバティタワー1階の左手、図書館の奥から渡り廊下を通って研究棟へ行くか、同3階から渡り廊下を通って研究棟へ行くようにして下さい)

3. 総会議題:

  • (1)2015年度活動報告及び決算承認の件
  • (2)監事監査承認の件     
  • (3)2016年度活動計画及び予算承認の件
  • (4)長期ビジョンの提案
  • (5)役員改選

マーク2016年度研究費助成の公募について

非営利・協同総研いのちとくらしでは、研究所の定款に掲げる目的に添った人々の「いのちとくらし」に関わる社会的経済的政治的分析調査研究を支援するために研究助成を公募いたします。

…詳細はこちらをご覧ください


マークインクルーシブ医療総括研究会「インクルーシブな医療に向けて ―実践・研究の課題を考える―」のご案内

理事の松田亮三・高山一夫先生から立命館大学で開催されるインクルーシブ医療総括研究会のご案内をいただいたのでお知らせします。会場地図等はチラシをご覧下さい。

インクルーシブ医療総括研究会 インクルーシブな医療に向けて ―実践・研究の課題を考える―

●開催概要

  • 時間2016年3月10日(木)14時~18時
  • 場所立命館大学(衣笠キャンパス) 創思館2階 多文化臨床ラボ (アクセス)
  • 定員: 30名*事前参加登録が必要です*
  • 参加申し込み先 mestra.transis@gmail.com

●1. 招待講演 「米国のセーフティネット医療供給者」

Peter Shin, Ph.D., M.P.H.(George Washington University)

発表:英語(通訳がつきます)

Peter Shin, Ph.D, M.P.H.

ジョー ジワシントン大学健康政策部の准教授であり,Geiger Gibson Program (GGP)の責任者を務めている。セーフティ・ネットの資金供給や経済的影響,低所得者,季節労働者,民族的マイノリティ―に対する地域健康センター (Community Health Centers)の取り組み等を研究している。

●2. 「支える医療」共同研究プロジェクト調査報告

福田茉莉(立命館大学)・松田亮三(立命館大学)

●3. パネル・ディスカッション「社会排除・貧困・困難に直面している患者・住民に医療機関はどう関わるべきか,また,どう関われるのか?」

  • パネリスト:高山一夫(京都橘大学)・垣田裕介(大分大学)
  • 長友薫輝(津市立三重短期大学)・松島京(近大姫路大学)
  • 石橋修・是澤雅代(京都民医連第二中央病院)

主催:科学研究費インクルーシブ医療研究プロジェクト(「社会包摂的医療に向けたアクション研究:「語り」にもとづく実践と政策形成」研究課題番号:25590148)

共催:立命館大学人間科学研究所・インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究・方法論チーム

共催:「支える医療」共同プロジェクト検討会

チラシ (PDFファイルPDF)


マーク公開研究会「日米医療のセーフティネット」のご案内(3/8)

理事の高山一夫先生から京都橘大学で開催される公開研究会(3/8)のご案内をいただいたのでお知らせします。会場地図等はチラシをご覧下さい。

公開研究会
日米医療のセーフティネット
The Health Care Safety Net in Japan and the United States

米国医療のセーフティネットについて研究をされておられるPeter Shin氏をお迎えし、日米比較の観点から、医療のセーフティネットの役割と展望を考える研究会を開催します。日米の現状についての報告の後、参加者で議論を行います。

なお、Shin先生の報告は英語で行われますが、当日は通訳が行われます。討論も基本的には日本語で行います。

●開催概要

●プログラム

  • 報告① 米国における医療のセーフティネット
    Peter Shin(ジョージ・ワシントン大学)
  • 報告② 日本における医療のセーフィティネット
    長友薫輝(津市立三重短期大学)
  • 報告③ 米国のセーフティネットから日本は何を学ぶべきか
    髙山一夫(現代ビジネス学部)
  • 討論 司会:髙山一夫/松田亮三(立命館大学)

●問い合わせ先:

髙山一夫(京都橘大学現代ビジネス学部)
e-mail: takayama @ tachibana-u.ac.jp (送信するときは@前後のスペースを削除してください)

チラシ(wordファイル)


おすすめの記事

Valid HTML 4.01!
Valid CSS!
Home | 研究所の紹介 | サイトマップ | 連絡先 | 関連リンク | ©総研いのちとくらし